原田直人

原田 直人


原田 直人

入社して10年、学ぶべきことは尽きません



入社10年目
第1ソリューション部

学ぶ姿勢があれば、成長にゴールはない

学ぶ姿勢があれば、成長にゴールはない
学生時代からIT関係に興味があり、前職もIT企業でした。そこで当社の社員と一緒に仕事をする機会があり、和気あいあいとした雰囲気に惹かれて、「この仲間たちと働きたい」と入社しました。

実際に入社してみると、イメージ通りの風通しの良い社風で安心しました。
社内で人間関係のストレスがない分、現場の仕事に集中できるのはありがたいですね。

土台なくしてアプリなし

土台なくしてアプリなし
システムの基盤支える仕事にやりがい

当社はSEの中でもインフラエンジニアやサーバーエンジニアという職種に分類されます。具体的にはコンピューターにミドルウェアやソフトウェアを入れてサーバをセットアップし、その後の運用をサポートするまでの一連の流れを請け負っています。

金融系サーバを担当することが多く、社会的な重要性が高い分プレッシャーを感じることも。トラブルを起こさず、いかに安定稼働させるかは大きな命題です。派手さはないかもしれませんが、重要なシステムの土台を支える仕事なので、達成感は十分です。

1日の大まかなスケジュールは、常駐先に出勤後はメールチェックなどをした上で、今後のメンテナンス予定を確認します。プロジェクトごとにその日にやるべき作業が予定されている場合はそれを行い、特にない場合は次のメンテナンスに備えた準備を行います。具体的には情報収集や資料の整理、メンテナンスに当たっての必要書類を整備します。
トラブルを起こさず、あるいは仮に起きてしまってもすぐに対応するためには、日頃からの情報収集が欠かせません。
地道に情報収集してそれを整理し、周囲と共有する――そうした作業の積み重ねが大切だと日々、痛感します。

1つのクライアントに長期間、常駐するため密な人間関係が構築されやすいのも特徴です。若い頃の話ですが、ずっと一緒に仕事をしているうちに仲良くなって、クライアントを含めた常駐先の仲間たちと温泉に行ってゲーム三昧で過ごしたことは、いい思い出です(笑)。
 

より接点を近く、上流工程に関わるのが目標

より接点を近く、上流工程に関わるのが目標
入社して10年が過ぎましたが、学ぶべきことは尽きません。
現場には多くの学びがあり、“学ぼうとする姿勢“さえあれば、自分自身の成長にゴールはないからです。

今後の目標は、要件定義からサーバの構築までを担う、上流工程に主体的に関わっていくこと。よりお客さまと接点が近いところで、自分の持つ知識を生かしていくのが目標ですね。

困難な状況に当たっても、それを支えてくれる仲間がここにはたくさんいます。
ぜひ、一緒にがんばっていきましょう。